勃起不全なんてとうの昔!魅せるバイアグラの凄い力

バイアグラの効果

世界的に有名なED治療に効果のあるED治療薬の事です。
世界初となるED治療薬として製品化され、平成10年の1月に米国で初めて発売となりました。ブルーの菱形が形状となりますが、中は白い錠剤となります。

但し、バイアグラは保険の適用外となります為、日本のどのクリニック、病院でも自費での診療になります。その為、保険証は必要ありません。

米国では発売当初、夢のような薬の発現とあり、そのブームは即座に日本でも火が付きました。自分も!と感じた日本の男性が、個人での輸入、または代行を利用する事で入手致します。
その為、使用上の注意や、併用、副作用等の注意点の説明を受けないまま、用量を知らずに、または守らず使用していました。同様の患者は絶えず、遂には併用してはいけない、硝酸剤との併用を知らずに行ってしまい、深刻な副作用が発症してしまう事例が劇的に増えました。
その中で、なんと心肺停止も含まれておりました。

健康被害が急増してしまった為、国内でもバイアグラの製造と販売を早急に承認し、対策を取る必要がある状況となりました。その為、承認申請からほんの半年という前例のない早さで許認可となり、米国で発売された僅か1年後、平成11年の1月に承認を取得しました。その同年3月23日に、国内では販売開始される運びになりました。

販売されてから今に至るまで、勃起不全に悩む世の多くの男性の精神的な支えになっております。このED治療薬の誕生秘話が実はユニークなものとなっているので余談として添えさせて頂きます。

ファイザー株式会社は元々狭心症の研究開発を進めていました。用いられる成分は【シルデナフィル】です。この実験では中々効果を得られず、なんと第1相の臨床試験で中止が決定、被験者から配られていた治療薬返却を通達した処、何故か返却を渋る方が多く出現しました。

その理由の詳細を調査すると、勃起を助ける効果がある事が判明されました。この事から、偶然シルデナフィルに、勃起不全に対して効果がある事が発見され、史上初となるのED治療薬が生み出されました。